banff

2年前の2009年11月のちょうどこの頃、はこだて国際科学祭の作品展示で作ったマルチタッチディスプレイ(詳細はこちら-youtube)の成果をまとめて、国際学会にdemoで出したら通ったので行ってきた。

場所はカナダのバンフ。日本で言う軽井沢のような場所らしい。

バンフの標高が1,400mなので11月でもかなり寒い(真冬は-40℃までいくそう)。アカデミックな身分も無い、いち個人事業主としては、学会参加費用も会場の森の中にそびえ立つハイクラスなホテル(ホテルというかお城に近い)が、バンフのその寒い気候よりもお財布の方が寒くなってしまったのだが、振り返ってみるとやはり行って良かった、楽しかった。

ここ最近は仕事に追われる毎日なので、あんまり活動はできていないけれども、来年からはまたじっくりと自分の研究を進めていく計画を立てるのである。美味しいご飯と気持ちよいベッドだけあれば、ちょっとやそっと忙しくても最近は何でも楽しめているような気がする。

宿泊先&会場のフェアモント バンフ スプリングスのロビー。バンフに住んでいる1割が日本人らしく、日本人のコンシェルジュもいた。



バンフの街中。

ちょっと歩けばすぐ郊外。というか、banff自体が森の中なので、街中に鹿とか歩いている。熊も出て危険なので、ゴミ出しルールはものすごく厳格なのだとか。

遠くから見たフェアモントバンフスプリングス。

帰りに寄ったカルガリーでは、何年に一度の早い寒波で、いたるところで車が立ち往生していた。皆夏タイヤを履いていて、街中に向かうバスも坂がのぼれず途中で降ろされ、帰りもタクシー捕まらず、あわや野宿というアクシデントに見舞われる。