来週8/6から始まる札幌国際芸術祭とか近況。

来週8/6から始まる札幌国際芸術祭(通称SIAF2017)。2014年から早いことにもう3年たって、第2回目がもうすぐ開催です。私も前回に続き今回もプロジェクトに参加させていただいています。普段はSIAFラボで芸術祭周りの活動をしているのですが、2014年に坂本龍一×YCAMによる作品「フォレストシンフォニー」の札幌版の展示でテクニカルスタッフとして参加したときのメンバーを軸として、今回ARTSAT×SIAFLABということでARTSATのリーダーでもあり、SIAFラボのアドバイザーでもある久保田先生をはじめとして豪華面々をお迎えしてモエレから成層圏気球を飛ばして、飛んでる間その気球と通信してライブコーディングのパフォーマンスをしてしまおう!というプロジェクトです。

Sculpture to be Seen from Space, Improvisation to be Heard from Space. 宇宙から見える彫刻 宇宙から聞こえる即興演奏

これまで、実際に3回ほど打ち上げして2回機体を回収することができました。上の写真が、実際に32,000mで撮影した動画からとったもの。飛行機の3倍の高さにもなると空も真っ暗で宇宙を感じれます(実際に宇宙は100,000m(100Km)なのでまだまだですが)

昨年10月の合宿の様子。このときは本当に手さぐり状態。ここから考えると、よく形になってきたなぁ…と感慨深いです。なかなか普段平日はみんなそれぞれの仕事を抱えているので夜や土日をこの半年以上ほとんど費やしてプロジェクトを進めていってるわけで、もっと時間などのリソースがあればもっと面白いことができるね!なんて話してはいるのですが、まずは今回のプロジェクトを成功させるために、もうひと踏ん張りです。

あと昨年からお仕事でちょこちょこ神恵内村(札幌から車で2時間半くらいのところ)に行く機会があり、釣竿もっていってます。地元の岡田商店さんに釣り場の話を聞くもののまだ一度も行けてないので、この秋はなんとしても神恵内でいいサイズの釣果を狙おうと思っています。神恵内は積丹の隣で、写真をみても分かる通り景色がとても良いです。車でひたすら海岸線を走るのは仕事に向かう道中とても癒されます。

岡田商店さんは地元の食料品の商店で、お肉やお酒などもあるのですが、その日仕入れた鮮魚などが並んでるので、キャンプとかに最適。この日はほっけが入ってました。

仕事が忙しくてなかなか自分の制作とかに取り掛かる時間が持てないのが難点ですが、毎日楽しく仕事ができているのが何よりです。

夜釣りが最近落ち着く時間。