IchigoJamで宇宙を見に行こう!2018/7/28,8/18

IchigoJamで宇宙を見に行こう!」のワークショップイベントにて、SIAFラボが共催で気球の打ち上げに参加協力し、2機同時打ち上げを実施しました。6月には夏至祭もあり、今回のichigoJamもテストフライトを7/15にしているので、半月に一回気球を打ち上げた初夏になりました。ワークショップ当日はichigoJamの生みの親福野さんも現場に駆けつけて豪華なワークショップになりました。初めての試みということもあったのでいろいろ反省点はありますが改善していければと思っています。

気球の打ち上げに関しては慣れてきたところもあれば、まだまだなところもありますが、業務の合間を縫っての作業時間でも、一回ごとの打ち上げで少しずつ改良がされていくのはとても楽しいものです。

テストフライトは少し軌道から流されてしまったため、夕張手前の山の中に入ったのですが、今回は知り合いの熊撃ちの心強い助っ人とともに藪漕ぎをして無事回収。山の中での回収も何を持って行ったらよいかとか、GPSで位置はわかるものの山の中だとなかなか身長を超える笹の中で機体が見つけられないなどの点がわかるとかとか。

今年はあともう一度くらい打ち上げができるとよいなぁ。


30分くらいのちょっとした時間でできる工作「六花のつゆMP3 Player」

繁忙期の年度末がちょっとずつ落ち着き始めて、その反動でちょっとした休憩時間でできる工作をちょこちょこしている。家に六花のつゆミニ缶がおいてあって、なんかちょうどいいサイズでかわいいなぁと思っていたら、ちょうど前に買ってそのままだったArduinoでMP3が再生できるDFPlayerのサイズだとちょうどいいかもと思ったので、六花のつゆPlayerにしてみた。SDカードに入ってるmp3を再生できる。

ただ入れてみたくらいなので、ボリュームも再生ボタンもなく、電池をいれたら再生されるだけの厳しい仕様。今度またちょっと時間ができたらボリューム、再生操作ボタン、電源スイッチをつけてみる予定。

DFPlayerはArduinoのRX,TXと通信するだけなので再生するだけなら本当に5分で試せるのがいい。以前は下記のサイトを参考にしてみた。

DFPlayer自体は一個300円~500円。Arduino Pro Miniも300円くらい、昇圧コンバーター(5V)も250円。電池ボックスとか入れても1,000円前後でできるので手軽に楽しめる。電池一個で動かしたかったので5Vの昇圧コンバーターだけ入れてる。

[使ってる材料]

これ使ってMP3Playerつくるワークショップとかいいかも。簡単な回路(といってもつなぐだけだけど)と工作要素もできるし。

Amazon echoと比べるとこれくらいのサイズ感。フリスクケースみたいな感じでほかにもいろいろ楽しめそう。

 


201712-201802

2017年12月は、ARTSAT×SIAFLabチームで、韓国の光州のメディアアートフェスティバルにて展示&パフォーマンス。初の韓国、準備して食べての繰り返しだったけれども、韓国の中で光州はもっとも食が豊かで美味しいという言葉通り、何を食べてもおいしかった(ちょっと辛かったけど)。

ACC(ASIA CULTURE CENTER)がとてつもなく大きかった。ギャラリースペースが複数あって、アーカイブやアトリエなどの施設も充実していて、なかなか日本では見られない形の文化施設だった。(まだ内部の人が少ない印象でしたが、これも数年のうちに変わっていくのだろうか。)

朝は各国のチームが大集合。

SIAFLabチームでは石田さんが仕事の関係で韓国に来れなかったのが残念。次回はチームみんなで参加できると良いな。

 

明けて、1月は20日からCAI02で始まったミヤギフトシさんの展示のシステムのお手伝い。作品から伝わる雰囲気のまんまの方でした。

2月に入ったらすぐツララシーズン。

SIAFで広報も担当している、山岸さんのラジオ番組でツララの宣伝。中学高校とラジオっ子だったからラジオのブースはいるだけで楽しい。それにしても山岸さんの番組「スキドコ」、とてもラジオをはじめて数回目とは思えない安定感。

 

合間に頭をすっきりさせるにも、釣り。

2年ごしでようやく釣ったホッケを開いて一夜干し。


来週8/6から始まる札幌国際芸術祭とか近況。

来週8/6から始まる札幌国際芸術祭(通称SIAF2017)。2014年から早いことにもう3年たって、第2回目がもうすぐ開催です。私も前回に続き今回もプロジェクトに参加させていただいています。普段はSIAFラボで芸術祭周りの活動をしているのですが、2014年に坂本龍一×YCAMによる作品「フォレストシンフォニー」の札幌版の展示でテクニカルスタッフとして参加したときのメンバーを軸として、今回ARTSAT×SIAFLABということでARTSATのリーダーでもあり、SIAFラボのアドバイザーでもある久保田先生をはじめとして豪華面々をお迎えしてモエレから成層圏気球を飛ばして、飛んでる間その気球と通信してライブコーディングのパフォーマンスをしてしまおう!というプロジェクトです。

Sculpture to be Seen from Space, Improvisation to be Heard from Space. 宇宙から見える彫刻 宇宙から聞こえる即興演奏

これまで、実際に3回ほど打ち上げして2回機体を回収することができました。上の写真が、実際に32,000mで撮影した動画からとったもの。飛行機の3倍の高さにもなると空も真っ暗で宇宙を感じれます(実際に宇宙は100,000m(100Km)なのでまだまだですが)

昨年10月の合宿の様子。このときは本当に手さぐり状態。ここから考えると、よく形になってきたなぁ…と感慨深いです。なかなか普段平日はみんなそれぞれの仕事を抱えているので夜や土日をこの半年以上ほとんど費やしてプロジェクトを進めていってるわけで、もっと時間などのリソースがあればもっと面白いことができるね!なんて話してはいるのですが、まずは今回のプロジェクトを成功させるために、もうひと踏ん張りです。

あと昨年からお仕事でちょこちょこ神恵内村(札幌から車で2時間半くらいのところ)に行く機会があり、釣竿もっていってます。地元の岡田商店さんに釣り場の話を聞くもののまだ一度も行けてないので、この秋はなんとしても神恵内でいいサイズの釣果を狙おうと思っています。神恵内は積丹の隣で、写真をみても分かる通り景色がとても良いです。車でひたすら海岸線を走るのは仕事に向かう道中とても癒されます。

岡田商店さんは地元の食料品の商店で、お肉やお酒などもあるのですが、その日仕入れた鮮魚などが並んでるので、キャンプとかに最適。この日はほっけが入ってました。

仕事が忙しくてなかなか自分の制作とかに取り掛かる時間が持てないのが難点ですが、毎日楽しく仕事ができているのが何よりです。

夜釣りが最近落ち着く時間。


Sculpture to be Seen from Space, Improvisation to be Heard from Space.  宇宙から見える彫刻 宇宙から聞こえる即興演奏

logo-artsat_siaf

SIAF2014から主にテクニカル関係で関わらせていただいている札幌国際芸術祭。トリエンナーレ(3年ごとの開催)なので、来年2017年にSIAF2017として開催されますが、今回その中でARTSAT×SIAFラボとして参加させていただくことになりました。かなり実験的なプロジェクトでどうなるかわかりませんが、良いメンバーに恵まれた中で、誰にとっても面白いプロジェクトにできるようにできればと思っております。

さっそく、来週末には実験開始、ということでプロジェクトが本格スタートします。

下記プロジェクト概要です、詳細は公式サイトにて。

SIAF2017に向けて

2014年に世界初の芸術衛星を打ち上げたARTSATプロジェクトとSIAFラボの共同企画。モエレ沼公園の3つのモニュメント「モエレ山」「プレイマウンテン」「ガラスのピラミッド」から3つの気球を放出する。気球には、ゴンドラの加速度や温度、気圧などを記録するデータロガー「Morikawa」に加えて、今回のプロジェクトのためにSIAFラボが開発した、プログラムコードを送るとそれに応じて音を送信してくれる「ライブコーティング・モジュール」が搭載されている。 大地の彫刻家、故イサム・ノグチの集大成であるモエレ沼公園を、3つの気球からの音とデータで拡張し、公園と宇宙とつなぐことを目指す。まさにこの札幌でしか実現し得ない、新たな芸術実験に挑戦する。
久保田晃弘(ARTSAT×SIAF LAB. 代表)


Oculus Rift DK2が届いた。

今年は公私共々大きな出来事が年始から起きてばかりで息つく間もなく忙殺されていまして、でもなんとか日々暮らしております。
そんな中、昨日新しいおもちゃとしてOculus Rift DK2が届いたので、少し時間を見つけて触れるようになろうかと思います。

OculusRift DK2

2014-08-01 12.40.37


サッポロ・オープン・ラボ2013が来週8月3日(土)開催です。

2013_omote(ok)ol

今年は1日開催。その分中身を濃く、充実した楽しい空間にできればとスタッフ一同準備に勤しんでいます。3年目を迎えスタッフはそれぞれの仕事がある中で、手弁当ながら多くの方のご協力で続けることができておりまして感謝しております。

来週までとりあえず準備に奔走ですが、たくさんの方にご来場いただけると幸いです。

サッポロ・オープン・ラボ2013
日時:2013年8月3日(土) 11:00-16:30
場所:モエレ沼公園ガラスのピラミッド 1F スペース1

当日の内容は、サッポロ・オープン・ラボのウェブサイトにてご確認ください。

dsc_00122


HTML5 Enhancements 2013 @SaCSS

SaCSS htmlday

6月8日に開催される日本全国でWeb制作者/開発者向けのイベント<htmlday>の一端としてSaCSSでもHTML5を特集としたセミナーに登壇させていただきます。

主にphonegapを利用したスマホアプリの構築についてお話しようと思っています。phonegap(cordova)はjQuery Mobileを主軸としてAndroid/iOSアプリを作成できるプラットフォームとなっています。ネイティブ言語と比べた際に、実用でどこまで利用できるのか、実際に実案件で利用した例を基にメリットデメリットなどを織り交ぜた話をしたいと思いますので仕事でも趣味でもスマートフォンアプリの開発に興味のある方、是非ご参加いただければ幸いです。

http://atnd.org/events/39699

ということで、今回SaCSSのハムさんこと長谷川さんにお声をかけていただいて、ちょっとお話させていただきます、ありがとうございます。そして一緒に登壇する高橋さんも僕自身が札幌に来てすぐの頃から色々とお世話になっている方で、実際の現場でがりがりHTML5周りをやっている方なので、自分自身も楽しみです。

最近、少しずつではあるのですが、何かしら人に自分の持っているものを伝える・お話しする機会が多くなってきて、そのたびに聞き手にどういう風に伝えればわかりやすい、理解しやすいイメージで受け取ってもらえるのかなどを考えさせられます。プログラムを教える場合などは、特に自分もあまりできる方ではなかったので、概念的なものを別のものに置き換えてみたり、プログラミング自身に興味を持ってもらえるにはどうしたらいいかなど考えながら、内容を考えるということが多いです。

 


長期の出張。

五稜郭の桜

5月はゴールデンウィークが明けた7日から約一週間ほど東京・函館と出張に行ってました。2,3日の出張ならここ最近多いのですが、少し長めの出張は毎日夜飲んで食べてが続くのでどうしても不規則になりがちですね。

北海道はずっと寒くて開花宣言が遅れたおかげで、ちょうど函館に来た際に五稜郭の桜を見ることが出来ました。ちょうど今札幌でも満開になったばかりで、今年は2度桜を楽しめそうです。近所にある遊歩道は桜並木が続いていて、近所の人たちがのんびりとベンチに腰掛けてお花見していたりと、それを見ながらようやく春が来たんだなぁと感じます。