2013年。


昨年も多くの方に、大変お世話になりました。本当にありがとうございます。

毎年思うのですが、あっという間の一年。年を重ねるごとに月日の流れが早くなっていくものです。
「あっという間に過ぎて、後で振り返った時にたくさんのことを想い出せる、そんな人生が一番良い」と、年末に大学時代の友人と飲んだ席で彼女の師が言っていた言葉を思い出して、自分は自信を持ってそうできているだろうか、などと感じました。

日々、やること、やりたいこと、やらなければならないことが放物線を描くようにどんと増えていくのですが、増えていけば行くほど、自分のコアの部分といいますが、柱となるべくモチベーションや将来のビジョンが必要になるものだなと痛切に感じています。

誰を幸せにしたいのか、いつどういう形で幸せにしたいのか、どうなったら嬉しいのか、それらの事は日々の仕事に忙殺されてしまうとなかなか見えなくなってしまうもの。今年はゆっくりと、しっかりと、そんなことを考えながら手を動かしていければよいなと考えています。
特に、複数人で仕事を進めるにあたり、ビジョンの統一は必要不可欠だと思った一年でもありました。普段はフリーなので比較的一人対クライアントさんとのやりとりが多いのですが、一昨年は細かい仕事を数多くやったのに比べて昨年は数は少なく規模が大きくなったこともあり、ディレクションを担当して実際の制作は依頼したりなどのチームワークを少し勉強させていただいた一年でもありました。

その中で、成果物に触れるユーザー、そして依頼されたクライアントさんはもちろんのこと、制作側の人間一人一人が取り組む仕事に対してどうモチベーションを高くして、良い仕事をしてもらうかというのを考えさせられる一年でもありました。僕自身直接クライアントさんとやり取りをすることもあれば、クライアントさんの間にディレクターがいる場合もあるので、制作に立ったときにどのような依頼が一番やりやすくて、こんな場合はやりにくい、というのはあるので都度振り返りながら進めていきました。ただ、やはりディレクターという仕事はクライアントさんも制作サイドも気を配りながら良いものを仕上げていくという点において、気苦労が耐えないもので日ごろから関わりのある先輩方を改めて尊敬するばかりです。

ともあれ、こういった思いは全て良い仕事で返すのが粋だと思いますので、のんびりブログなんか書いてないで、今年もがんばっていこうと思います。

作業場の掃除の途中に書き始めてしまったのでいつものごとくまとまりはないですが、皆様本年も何卒宜しくお願いいたします。

※写真は今年の春に円山動物園で撮ったヘビ。


武華山、2012年9月。

9月中旬にお誘いで武華山(むかやま)に登ってきた。アウトドアな遊びは色々してきたけど、登山らしい登山は初めてだったので、前日まで道具を揃えて「これで大丈夫かなぁ?」などとあれやこれやしながら登ってきた。

荷物は備えすぎてちょっと重めだったけど、それはまだ若いから「重り」くらいの気持ちで乗り切った。

なだらかな頂上が続く山で、のぼりもくだりも2時間半、あわせて5時間かからないくらいのコースだった。この山自体は比較的初心者向けとのことだったが、日ごろ起きてる時間の9割座っての作業をしているので、ひたすら登る、ひたすら降りるというその繰り返しが結構足にきたが、他の参加者のご年配の方々が元気に登るのをみていると、そうも言ってられないので、ひたすら足を前に運んだ。

今回の楽しみでもあった一眼レフを持っていき、道中写真を撮りながら山の景色を楽しむことができた。明確な頂上がわかりにくい達成感の低い山だけど、一緒に参加した方が「この山は夏は本当に花が綺麗なんだよ」と教えてくれた。秋も深まろうとしているこの時期でも全然綺麗だった。こうやって写真を撮りながらの登山っていいものだ。

頂上にそびえるライオン岩

ライオン岩の反対から稜線を望む

武華山の頂上

くだりの途中で、がけの下に流れる雲に小さな虹が映って、その中に自分の影がすっぽり入る「ブロッケン現象」に出会うことができた。初めての登山で見れるのはなかなかない確率なので、ラッキーだったねと。

自生しているブルーベリー

だいぶ下ると「山」らしくなってくる

帰りは層雲峡の温泉に入ってビールを飲んで、車に揺られながら帰路に着く。この登山、なんといっても集合場所から登山口まで往復7時間という、登っているよりも車の中で揺られている時間が長いという、それに一番驚いた(笑

ゴアテックス生地にするかしないか最後まで悩んで買った登山靴、このまま眠らせないように来年はもう少し登る回数を増やしたい。

武華山(むかやま)の位置は、層雲峡から北見に向かう国道39号線の途中から登山口へと入っていきます。

大きな地図で見る


Passepied Live 2012リリース。

夏があっという間に終わろうとしていて、気付けばもう九月。今年の4月に函館のあうん堂でやったバンドPassepied(パスピエ)のライブ音源を、ようやくiTunesやAmazonを始めとする配信サービスにて配信いたしました。

2004年に結成以来、普段メンバーそれぞれ仕事をしながら、且つ場所も離れ離れなので毎回ライブ前に1,2回の少ない回数でスタジオ入ってライブ当日を迎える、とまぁ大人になればどこもそうだよねーという感じのスローペースでやってきましたが、こうやって拙い演奏ながらも音源をこうやって手軽に配信して多くの人に聴いてもらう機会を作れるのは本当に良い時代になったと実感します。

Amazonでは、リリース当日にMP3ダウンロード全体で2位、ジャンル別(ポップス)で1位と、嬉しい反応もいただけて、皆様に感謝です。(もともと母数が少なくても上位に食い込める気はしますが)

これを糧に、次こそはしっかり録音した音源をお届けできればと思っています。
ぜひ、まだ聴いたことのない方はリンク先で視聴だけでも良いのでお聴きいただけると幸いです。

「Passepied Live 2012 @Aundo-hall」リリースのお知らせ。

 


サッポロオープンラボ2012無事終了。

ライフワークのうちの一つ、サッポロオープンラボ2012が先週無事終了しました。もともとMAKEみたいなイベントが北海道にも欲しい!ということで、お世話になっているはこだて未来大学の迎山先生からお声をかけていただき、そんなイベントを自分たちで作ってしまおうという感じで始まったのが2011年3月。今年は展示ブースも夜のパーティも増えて少しずつですが根が広がった感じがします。Arduino勉強会もそうなのですが、外に向けて活動を進めることで、同じ感度をもつ人たちとつながることができ、大きなうねりになってオープンラボのようなイベントを行うことができていると実感しています。

なにはともあれ、コアメンバーの佐藤先生、木塚さん、葛西君、そしてアドバイザーの迎山先生を始めとして当日ボランティアで強力に活躍してくれたロボットアーキテクトのメンバー、徹夜でLEDパーティハットを作ってくれた榎本さん、ファシリテーター姿が心強い森安さん、前田さん、パーティ一連をびしっとしきってくれた長沼さん、パノラマフォトを撮影していただいた福本工業野島さん山本さん、部品に展示に撮影に強力にバックアップしていただている梅澤無線の松田さん、数え上げればきりが無いですが多くの方のサポートによってイベントができたと感じています。改めて感謝いたします。

イベント直前までは、コアメンバーもそれぞれ日常業務があったり、札幌にいなかったりとばたばたで、googleドキュメント上で足りないところをがしがし埋めていく、そんな感じの準備でした。完璧にできていないところも多々ありましたが、このスタイルでここまでできたのはこのメンバーがあってこそだと感じています。

規模が大きくなるにつれ、色々と考えなければいけないことは増えていきますが、サッポロオープンラボがなくても同じようなイベントがそこらであるような、自分が参加者で楽しめるような、そんな日を目指して少しずつ活動の根を広げていければと考えています。

2日間ご来場いただいた方々、ありがとうございました。そしてスタッフの皆様お疲れ様でした。

http://sapporolab.com/


第13回Android勉強会の資料

第13回Android勉強会に呼んでいただいた際に使用したスライド資料になります。今回、フィジカルコンピューティングとAndroid(主にADK)というテーマでしたので、Arduinoの一通り+手軽にはじめるには、ということについて紹介させていただきました。


2001年のこと。

写真を整理してたら2001年の一眼で撮った写真が出てきた。カメラ持ちたてでほとんど上手に取れてないけど、質感がうまいことぼんやりと抽象的な世界へとごまかしてくれる。

 


円山動物園

円山動物園に行ってきた。人の混み具合もほどほどで写真撮ってたらいつまでいても飽きなかった。


Arduino関係のメモ

Arduinoの資料URLメモ。

一番最初の人はここから眺めるのがいいかも。→http://ndesign.ifdef.jp/a/a_m.html

入門

エレキジャックの連載

その他

ネットワーク通信関係

Twitterと連動させる

詳しく載っている

 

 


ブーオ cafe buho

今年は、仕事の関係もあって十勝-札幌-函館を行き来しています。写真は地元士幌町の家具とカフェのお店「ブーオ」。先月にオーナーの話をじっくりお話させていただく機会があり、士幌町への移住した頃から最近のことまで色々話を伺うことができました。

もともと建築やインテリアの関係のお仕事をされているオーナーなので、色々な細かいところまでお店のコンセプトが行き渡っているなぁと感じました。もともと家具制作でスタートして、今はカフェも営業していますが、家具の方もカフェの方も本州から買われる方や、来店する方もいるそうです。

自分の地元にこんな素敵なお店があるのが、ちょっとした自慢です。

カフェブーオ