logo-artsat_siaf

SIAF2014から主にテクニカル関係で関わらせていただいている札幌国際芸術祭。トリエンナーレ(3年ごとの開催)なので、来年2017年にSIAF2017として開催されますが、今回その中でARTSAT×SIAFラボとして参加させていただくことになりました。かなり実験的なプロジェクトでどうなるかわかりませんが、良いメンバーに恵まれた中で、誰にとっても面白いプロジェクトにできるようにできればと思っております。

さっそく、来週末には実験開始、ということでプロジェクトが本格スタートします。

下記プロジェクト概要です、詳細は公式サイトにて。

SIAF2017に向けて

2014年に世界初の芸術衛星を打ち上げたARTSATプロジェクトとSIAFラボの共同企画。モエレ沼公園の3つのモニュメント「モエレ山」「プレイマウンテン」「ガラスのピラミッド」から3つの気球を放出する。気球には、ゴンドラの加速度や温度、気圧などを記録するデータロガー「Morikawa」に加えて、今回のプロジェクトのためにSIAFラボが開発した、プログラムコードを送るとそれに応じて音を送信してくれる「ライブコーティング・モジュール」が搭載されている。 大地の彫刻家、故イサム・ノグチの集大成であるモエレ沼公園を、3つの気球からの音とデータで拡張し、公園と宇宙とつなぐことを目指す。まさにこの札幌でしか実現し得ない、新たな芸術実験に挑戦する。
久保田晃弘(ARTSAT×SIAF LAB. 代表)